ページをお気に入りに追加
サイトマップ

電話クレーム対応で黙る 2

〔スポンサードリンク〕

前回「電話クレーム対応で黙る」ではお客様からの質問・詰問に対して『黙らず声に出して対応』すること」と説明しましたが、今回は「電話クレーム対応で(あえて)黙るテクニック」について説明します。

電話クレーム対応において、「お客さまからの質問に対して黙りこくってしまう」のはもちろん「ダメ!!」です。が、逆のパターンの時は「有効活用できる手段」に変わります。

逆パターンの時とはいつでしょうか。

それは、お客さまとのクレーム対応でお客さまのおっしゃることをよく聴き共感し、ある程度お客さまの怒りが頂点から下がった時点で「こちら側から解決策を提案した時」のことです。

こちら側から「このようにさせていただきたいのですが、よろしいでしょうか」と提案した時!

お客様から「はい。わかりました。」とすんなり承諾いただければいいのですが、返事をいただけず電話の向こうで「沈黙」が続くときがあります。

クレーム対応の初心者は、この「沈黙」であせってしまい、次の言葉を矢継ぎ早に話そうとしてしまいがちですが、ここはひとまず「お客さまに考える時間をゆっくり与える」ために沈黙を破らずにこちら側も「黙って」返事を待ちましょう。

あせりは禁物。ここであせればあせるほどクレーム内容があらぬ方向に進んでこじれてしまう・・・なんてことにもなりかねません。

電話クレーム対応が「解決策の提案」までこぎつけたときには腰を据えて「黙って返事を待つ!」。

忘れずに実行してみてくださいね。

(もしも、あまりにも沈黙が続く時には、電話クレームの場合、電話が切れてしまったのでは?と双方が不安になってしまうことも・・・。ある程度沈黙を続けても返事をいただけないときには、「○○様、いかがでしょうか?」ともう一度返事を促す程度にお話してみましょう。)

電話クレーム対応 ワンポイントアドバイス

電話クレーム対応が「解決策の提案」までこぎつけたときには、お客さまに考える時間をゆっくり与えるため「黙って返事を待つこと!」。

人気ブログランキングへ ⇒よろしればクリックお願いします!

クレーム対応 電話編の記事一覧

<< 電話クレーム対応で黙る │  ページのトップ  │ 会話のキャッチボール >>


〔スポンサードリンク〕

| クレーム対応がわかる! クレーム対応.net TOP | ページのトップ▲ |

〔PR〕

クレームとは

クレーム対応 基礎編

クレーム対応 応用編

クレーム対応 電話編

クレーム対応体験談

プライバシーポリシー

人気ブログランキング

当サイトについて

クレーム対応がわかる!クレーム対応.netは、「クレーム対応」についてよく知っていただくためのサイトです。 クレーム対応を学ぶことで、顧客満足をUPし、企業の収益UPを目指しましょう。

また、このサイトは経験や実務から得た一般的なクレーム対応知識であり、個々の事象によって異なる見解がある場合も想定されます。ご利用の際は自己責任でお願いいたします。

おすすめリンク集

  1. 普通に暮らして1年で100万円得した節約術!
  2. 3日で絶対合格~登録販売者試験~
  3. UVフロアコーティング体験談
  4. Money Sense
  5. システムトレードの作り方
  6. 3分でわかるCFD取引
  7. 退職金運用
  8. 出張サラリーマン必見!ANAマイル獲得講座
  9. 一番強いANAマイル
  10. 漢字検定2級に合格☆漢字検定2級対策講座
  11. 美肌スキンケア

相互リンクのお申込みは
claim.taiouあっとgmail.com(あっとは@にかえてください)まで。

購読

サイトマップ

Copyright © 2009 クレーム対応がわかる! クレーム対応.net. All rights reserved